けっこう毛だらけ時々蟲

生き物大好きおばさんと猫3匹、時々蟲の蠢く日常

秋の蟲たち

こちらはまだかわいいと思う人が多い、チョウにトンボにバッタなどなどですよ~。

かわいい系の一番のヒット画像はこちら!ヤマトシジミのカップルです。


多分、羽ばたきしているのがオスで求愛中。私が写真撮ってても平気、というかそれどころじゃない感じでアピールしていました。


オスは大変だねえ~。

こちらは秋らしくアカトンボ。でも多分、ナツアカネです、これ。秋に顔まで真っ赤になるのはナツアカネなんだそうな。いや~、勉強になりました。背中の羽の付け根がきれいだな~と思いながら撮りました。



これは何イトトンボかなあ。アオイトトンボかな?トンボの見分けは苦手です。



バッタの見分けも苦手…っていうか、これは何、っていう同定自体が苦手なんですよね~。
しかもこれおこちゃまだし~。


涙みたいな目の下の線がかわいい、ツチイナゴかな?そんなに得意じゃないバッタたちの中でも好きな子です。

今回の蟲撮りで、最初に撮った蟲がこれ。


オオカマキリかな。とにかくこういうでっかい蟲でも、緑の中にいるとホントわからなくて、慣れてこないとなかなか見えてこないんですよ。



最後は、今回の蟲画像の中でも最小。詳しい種類はまだ調べてないけど、ゾウムシです。
南天の実に比べて、どんなに小さいかわかるでしょ(^^)

久しぶりのマイクロレンズの扱い、蟲たちの名前、久しぶりなのでホント忘れてることも多くてショック!
この日は風があったので、ピントを合わせてても風で揺れてなかなか合わない。もっとボツ写真多いかな、と思ってたけど、それほどではありませんでした。
今まで忙しくて、ほんっとに久しぶりに蟲撮りに行けた私への、神様からのプレゼントかな。

| コメント:10 | トラックバック:0 |

注意!!蛾、イモムシ、毛虫特集

いよいよ蟲特集~しかも蛾とお子様たちですよ~。
蛾のお子様たちは親御様以上に嫌がられてたりしますよね~。私にはとってもかわいく見えるんですが…。

まずは蛾から。多分これが今回の蟲撮り一番の画像です。


大きさ、左右は5ミリぐらいかな?我ながらよく見つけた!!多分、センダンヒメハマキです。http://www.jpmoth.org/Tortricidae/Olethreutinae/Loboschiza_koenigiana.html
こちらのサイトでは、京都ではまだ確認されてないみたいなので、投稿しようかな。

これもとっても小さいイモムシくん。ヒメエグリバです。


蟲撮りに行って、だんだん目が「蟲目」になってくると、こういう小さい方々が見えるようになってきます。

この子は、葉っぱを糸でつづった巣の中にいます。悪いけど、巣を開いてお顔を見せていただきました。


ヒメアカタテハのお子様。トゲトゲ毛虫だけど、蛾じゃなくて蝶ですよ。
こちらのサイトで確認したら、なんと以前私が投稿した画像が…!http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/youtyuu/index.html
ずいぶん前なので忘れてました(^^;)

こちらはそんなに大きくないけど、葉の裏にいるし、完璧な保護色でなかなか見えません。
ハラホレヒレハレ…いや違った、ヒロヘリアオイラガ幼虫。刺されたらめっちゃ痛いので、他の葉っぱにもいないか確認しながら撮影。


ちなみにこの幼虫、配色と、ビリビリ電撃がくるところから、幼虫マニアの間ではピ○チュウと言われてます。

こちらはかなりの大型ですけど、仲間内では一番小柄。ホシヒメホウジャク幼虫。このポーズは、「S字状静止姿勢」といわれています。


ホウジャクって「蜂雀」と書きます。私は「ホウジャクさん」って「さん」づけで呼びたくなるんですよね。なんか落語家さんみたい。
ホウジャク、ホシホウジャク、どのホウジャクさんも「こんな羽でよく飛べるよなあ~」って思います。スズメガは大好きですが、その中でも特にホウジャクさんたちが好きです。

これは卵です。


多分オビカレハの卵。木の枝の先に、毛虫が集まって糸を張ってテントみたいになってる、あの毛虫たちです。このまま越冬して、来年の春にテント張るんだろうな。

最後は繭。クワの木にあったので、多分クワゴです。


持って帰るかどうか、かなり迷ったけど、このままおいとくことにしました。
自転車だったし、持って帰るときの衝撃で羽化できなかったらかわいそうだしね。

ひええ~、と思いながらも最後まで見てくださった方、ありがとうございました。

| コメント:2 | トラックバック:0 |

蟲です、久しぶり。大物ゲット!

あいかわらずぎうぎうです~。
みなさんのコメントにお返事するのがせいいっぱい。ブログめぐりなんてかなり長いことしてません…。
残業に休日出勤…。でも、今日と明日はお休み!ゆっくりするぞ~!!
とはいえ、主婦の悲しさ、今日はたまった洗濯物とお掃除であくせく働くことになったのでした…。
そして、例によってお持ち帰りのお仕事も…(涙)

それはともかく、久しぶりの蟲の登場です。
全然「蟲だらけ」じゃないですよね、このブログ…。

ぎうぎう続きの今日この頃、金曜日はついに職場で頭痛に見舞われ、職場の休養室で休ませてもらいました。
鎮痛剤で痛みがおさまるまで寝てから仕事を片付けてたら、いつもよりもさらに帰りが遅くなってしまったのです。
やれやれ、何してんだか…、と職場を出て、近くのスーパーで買い物をして店の外に出たら…。

バサバサもたもた飛んでる大きな蛾が…!!かなりの大物です。
なんとその蛾、すぐ近くを通った親子連れのお父さんのズボンにとまってしまいました。
「お父さん!ズボン!!」「こわい~!こわい~!」
お母さんと小学生ぐらいの女の子はドン引きです。

お願い、叩き潰したりしないで~、と見守っていたら、お父さんがばさっとズボンを払って、またモサモサと蛾が飛び始めました。
チャンス!!モスファンとしては、たとえ買い物客のみなさんに引かれようとも、こんな機会を逃してなるものですか。
ささっと蛾に近づくと、なんと蛾は私のスカートにとまってくれたのです!
ラッキー!!遅くまでお仕事がんばったごほうびかな~♪

かっこいい、三角のフォルム。私の大好きなスズメガです。
しかも背中にどくろのマーク…あこがれのメンガタスズメ…?いや、この大きさ、もしかしたらクロメンガタスズメかも!!



おうちまで連れてかえって、明日の朝、明るいところで写真を撮って、種類もしっかり調べよう、とスカートから手ぬぐいに移動してもらって、車の中へ。さすがに運転中に、このサイズの蛾に車の中を飛び回られては困るので、スーパーの袋の中に入っていただきました。
運転中、かすかに聞こえる「ギチギチ…」という音…。あの蛾が鳴いてる?…ということは♪

翌朝、明るいところで見てみたら、予想通り、クロメンガタスズメです。
http://www.jpmoth.org/Sphingidae/Sphinginae/Acherontia_lachesis.html
クロメンガタスズメは成虫も幼虫もギチギチという音を出します。初めて聞きました♪

この大きさ、この羽の美しさ…。でも、頭がかなりスレてます。もうご老体のようです。
もといた場所に戻すつもりでしたが、このままうちの庭で余生を過ごしていただくことにしました。
それにしても、成虫出現は7月からなのに、こんな時期にもうこんなにスレた個体が出てるなんて…。

おうちで写真を撮ってると、集まってきたお邪魔隊…。


ぴーはフンフンだけして、あとはあんまり興味ないみたい。



フンフンしてたら、ちょっと動いたか、それともギチギチ鳴かれたか、ねーちゃんドン引き。


アタシ、これ苦手…。
ハイ、好きになっていただかないほうが嬉しいです(爆)

| コメント:14 | トラックバック:0 |

蟲です。注意!初秋の訪問者



なーんにもする気にならない日々です。
いえ、お仕事はちゃんとしてますのでご安心を…。
おうちに帰ると、ゴハンを作って食べたら…もうウトウトしてしまいます。
新しい職場は車で通勤してるので、電車通勤の時みたいに、帰りに車内で寝られないからかなあ~?(寝たらアカンやろ…事故するで!)
運転苦手なので、車に乗るだけでさらに疲れちゃってるのかなあ。

今週も土日休みなのですが、何もする気になれず、掃除やそろそろしなきゃいけない衣替えもする気になれず、食料買出しその他のお買い物に行ったぐらいです。

なので、写真もお庭で撮ってる程度。
今回はお庭に来た蛾の幼虫君と、ダンナが「おーい、カメラカメラ」と呼んでくれた、玄関のフェンスにいたカエルくんです。

1 モモスズメ幼虫黄色型。庭のウワミズザクラの葉っぱを食べてます。今まで見たことあるのは、一般的な全身黄緑色のイモムシ君だったので、この黄色型は新鮮です。多分、お母様はこの方ではないかと…。
http://blogs.yahoo.co.jp/yaoringekko/35059082.html

2 フェンスにしがみつくアマガエル君。この子はその後、壁を登って新聞受けのふちに移動してました。
何を思ってこんなところに現れたんだか…。

ホントになんにもする気になれない日は、パソコンにも触りません。更新もご訪問もさらに間遠な今日この頃です…。


| コメント:12 | トラックバック:0 |

蟲です、注意!夜の来訪者




先日、雨戸を閉めようとした夫が「すっごい蛾がいる!」と呼んでくれました。
ゴーヤのネットにしがみついていたのは、モモスズメ♀。おなかがぷっくりしているので、庭のウワミズザクラに産卵に来たのかもしれません。
http://www.jpmoth.org/Sphingidae/Smerinthinae/Marumba_gaschkewitschii_echephron.html
私には「すっごい」というより、「かわいい」部類の蛾です。
この写真では見えにくいですが、下羽のピンクがかわいいのです。

蛾と蝶の違いって、触角とか止まり方とかいろいろいわれますが、実はあんまり違いはありません。蝶のように細長い触角の蛾もいるし、羽を閉じて止まる蛾に、羽を開いて止まる蝶もいます。
私は、飛ぶのが優雅でキレイなのが蝶、ドタバタもそもそドンくさいのが蛾、っていう風に区別したらいいんじゃないか、って思ってますが、このスズメガ科の蛾は、このとおりの三角形のフォルムが特徴で、パピューン!と高速で飛びます。蝶とはまた違う方向で「飛ぶ」ことを洗練させていった蛾だと思います。

モモスズメちゃんが止まっているのは、窓のすぐ下に植えたゴーヤのネットです。
窓際にグリーンカーテンにしようと思って植えたゴーヤ、今年は梅雨の時期に気温が低かったため、全然育ちませんでした。今頃になって、一本だけつるを伸ばし始めています。
猛暑の今頃、グリーンカーテンと言うには程遠い有様ですが、残暑の頃にはちったあ陰を作ってくれるのかなあ…?

ご心配いただいた足ですが、今日の診察では、「しこりがちょっと小さくなっていますかね」とのことでした。点滴をやめて1週間、経過が遅かったので、治りもすっきり早く治るわけではないようです。
写真も撮ってみましたが、あんまりキレイな足じゃないのでアップは自主規制…(^^;)
まだ長風呂はできませんが、シップは痛いときだけになり、普段は塗り薬になったので、シップ交換の時しかシャワーを浴びられない、ということはなくなりました。
今日は寝る前に汗を流して、さっぱりして寝よっと。

1 ほんの少し、ピンクの下羽がのぞいています。かわいいと思うんだけどなあ~。
2 ゴーヤの花。実はできるのかな?
3 今頃になって、ようやくわき芽が伸びてきました。がんばって葉を茂らせてね。


| コメント:10 | トラックバック:0 |
<<前のページ| ホーム |次のページ>>