ゴンが旅立った日



2年前の3月5日、ゴンが虹の橋を渡って旅立っていきました。
2年たっても、思い出すとやっぱり泣いてしまいます。
楽しい思い出や、おもしろい出来事もいっぱいあったのに、まだまだ最後のお別れの印象が強すぎるのです。
ゴンは白血病でした。小さい頃、車も病院も大嫌いで、車に乗せるとギャアギャア大騒ぎ、ひどい時は車の中でイヌのようにハアハア息をして、家に着いたら廊下にばったり横になっていたくらいでした。
そんなだったので、ワクチン注射に連れて行けないまま大人になってしまったのです。
外遊びが大好きで、全盛期は毎日のようにトカゲやネズミ、たまにはスズメを取ってきていました。イタチをくわえてズルズル引きずってもって帰ってきたこともあります(!)
でも、外に出ているとけんかもするし、やっぱり感染してしまいました。

最後は、1ヶ月の闘病後、出かけることが多い私が、珍しく2日続けて休めた週末を選んで旅立っていきました。
ちゃんとワクチンを打っていたら、もっと一緒にいられたのにね。お留守番ばかりでゴメンね。謝るばかりの最後の1ヶ月でしたが、そういう日を選んで旅立ってくれたこと、ゴンは私と一緒に暮らせてよかったと思っていたのかな、と思えました。

その後、ぴーとねーが新しく家族になりましたが、ゴンは今でも私と一緒にいるような気がします。
いつか気が向いたら、また違う色柄の子になって、もう一度会いに来てくれるかな、そうなってほしいな、と思っています。

写真は、玄関を出たところの自転車の下で寝ているゴン。まだカメラにも慣れていないし、10歳をすぎたおじいちゃん猫はあんまり動かなくて撮りがいがないし、ろくな写真がないゴンの、一番いい写真かなと思っています。
もう1枚はカメラに慣れようと試し撮りした1枚。このブレブレの大あくびが最後の写真になったのでした。もっといっぱい、撮ればよかったなあ。でも黒はホントに撮るのが難しいんです。ゴンちゃん、ホントはもっと男前なんですよ。

スポンサーサイト



バックシャン




ゴンはホントにキレイな猫でした。でも悲しいかな、黒猫はうまく写真に撮れません。
でも後姿は大丈夫。顔がビンボくさくなったりこわくなったりする心配なく撮れます。あと寝姿と…。
これは一眼レフを買ったばかりの頃の試し撮りです。
ゴンは日中は自由に外に出ていたので、お外に出たくて見ているわけではありません。何考えていたんでしょうね。シッポが長くてまっすぐで、全身まっくろ。これでお腹が出てなけりゃあ完璧!ありゃりゃ…。
同じくバックがきれいに撮れたねー。光線のコントラストがちょっときついかなあ。ねーって、やせっぽちのイメージだったんですけど、この秋はコロコロと丸くなってきました。
そして窓辺で外をながめるぴー。お笑い系キャラも、こうやって撮るとアイドル系?写真ってうそつき~。

寝姿いろいろ




ゴンの写真は多くありません。もともと写真には興味なかったので、自分たちが写っている写真も、実はほとんどありません。
写真を始めたのは虫を撮りたかったからです。撮り始めたのはゴン最晩年のことでした。まだ元気な頃のゴンをほんの少しだけ写真に残すことができました。
これは、夫が放り出したままの出張用カバンにちんまり納まって寝ているゴン。出かけるところでしたが、あまりにもかわいかったので、急いでカメラを持ち出して撮りました。
でも黒猫ってあんまりかわいく写らないんだなあ…。どっちかっていうと、これってこわくない?
んで、ぴーとねーの写真で応援です。まあ、11歳のジイチャン猫とまだまだ1歳半の若猫の違いってのもあるかな~。

プロフィール

blogpinena3

Author:blogpinena3
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR