けっこう毛だらけ時々蟲

生き物大好きおばさんと猫3匹、時々蟲の蠢く日常

ゴンが旅立った日



2年前の3月5日、ゴンが虹の橋を渡って旅立っていきました。
2年たっても、思い出すとやっぱり泣いてしまいます。
楽しい思い出や、おもしろい出来事もいっぱいあったのに、まだまだ最後のお別れの印象が強すぎるのです。
ゴンは白血病でした。小さい頃、車も病院も大嫌いで、車に乗せるとギャアギャア大騒ぎ、ひどい時は車の中でイヌのようにハアハア息をして、家に着いたら廊下にばったり横になっていたくらいでした。
そんなだったので、ワクチン注射に連れて行けないまま大人になってしまったのです。
外遊びが大好きで、全盛期は毎日のようにトカゲやネズミ、たまにはスズメを取ってきていました。イタチをくわえてズルズル引きずってもって帰ってきたこともあります(!)
でも、外に出ているとけんかもするし、やっぱり感染してしまいました。

最後は、1ヶ月の闘病後、出かけることが多い私が、珍しく2日続けて休めた週末を選んで旅立っていきました。
ちゃんとワクチンを打っていたら、もっと一緒にいられたのにね。お留守番ばかりでゴメンね。謝るばかりの最後の1ヶ月でしたが、そういう日を選んで旅立ってくれたこと、ゴンは私と一緒に暮らせてよかったと思っていたのかな、と思えました。

その後、ぴーとねーが新しく家族になりましたが、ゴンは今でも私と一緒にいるような気がします。
いつか気が向いたら、また違う色柄の子になって、もう一度会いに来てくれるかな、そうなってほしいな、と思っています。

写真は、玄関を出たところの自転車の下で寝ているゴン。まだカメラにも慣れていないし、10歳をすぎたおじいちゃん猫はあんまり動かなくて撮りがいがないし、ろくな写真がないゴンの、一番いい写真かなと思っています。
もう1枚はカメラに慣れようと試し撮りした1枚。このブレブレの大あくびが最後の写真になったのでした。もっといっぱい、撮ればよかったなあ。でも黒はホントに撮るのが難しいんです。ゴンちゃん、ホントはもっと男前なんですよ。


スポンサーサイト



先代猫ゴン | コメント:14 | トラックバック:0 |
| ホーム |