けっこう毛だらけ時々蟲

生き物大好きおばさんと猫3匹、時々蟲の蠢く日常

ぴーとねーが来た




ゴンが旅立って2ヶ月、猫のいない生活に慣れつつあっても、なんだかぽっかりと穴の開いたような空虚さのある毎日でした。
そんな時、弟から「猫もらって」って写真つきのメールが来たのです。
道端にいたところを保護されて、弟の動物病院に持ち込まれたとか。

もう、「いらない」なんて言うわけないですよね。速攻でもらいに行きました。

生後2ヶ月くらい、まだ片方の手のひらに乗るくらいの大きさ。ちょこまかと動いてちょこちょこ食べて、ウンチとしっこをしたらコテッと寝る。

かーわーいいー!!!
仕事行きたくなーい!!とは言えないので、泣く泣く出勤しました。
しっこウンチの失敗もなく、子猫用フードをモリモリ食べ、元気に走り回る子猫たちを見ていると、こちらまで元気になるようでした。

ゴンのことを忘れたわけじゃない。ぴーとねーが来てからも、「あ、ここはゴンに似ている」「これは似てないなあ」なんて、ゴンの面影がふと頭をよぎると、やっぱり涙がポロンとこぼれてしまうのですが、やっぱり猫のいない生活なんて考えられない。
ゴンのいない空虚さを埋めてくれたのは、他でもない、やっぱり猫のぴーとねーでした。

ちょこちょこ動く子猫ってホントに撮りにくくて、ろくな写真がないのです。寝姿だけはいっぱい画像あります(^^;)


スポンサーサイト



ぴー&ねー | コメント:12 | トラックバック:0 |
| ホーム |