けっこう毛だらけ時々蟲

生き物大好きおばさんと猫3匹、時々蟲の蠢く日常

注意!!蛾、イモムシ、毛虫特集

いよいよ蟲特集~しかも蛾とお子様たちですよ~。
蛾のお子様たちは親御様以上に嫌がられてたりしますよね~。私にはとってもかわいく見えるんですが…。

まずは蛾から。多分これが今回の蟲撮り一番の画像です。


大きさ、左右は5ミリぐらいかな?我ながらよく見つけた!!多分、センダンヒメハマキです。http://www.jpmoth.org/Tortricidae/Olethreutinae/Loboschiza_koenigiana.html
こちらのサイトでは、京都ではまだ確認されてないみたいなので、投稿しようかな。

これもとっても小さいイモムシくん。ヒメエグリバです。


蟲撮りに行って、だんだん目が「蟲目」になってくると、こういう小さい方々が見えるようになってきます。

この子は、葉っぱを糸でつづった巣の中にいます。悪いけど、巣を開いてお顔を見せていただきました。


ヒメアカタテハのお子様。トゲトゲ毛虫だけど、蛾じゃなくて蝶ですよ。
こちらのサイトで確認したら、なんと以前私が投稿した画像が…!http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/youtyuu/index.html
ずいぶん前なので忘れてました(^^;)

こちらはそんなに大きくないけど、葉の裏にいるし、完璧な保護色でなかなか見えません。
ハラホレヒレハレ…いや違った、ヒロヘリアオイラガ幼虫。刺されたらめっちゃ痛いので、他の葉っぱにもいないか確認しながら撮影。


ちなみにこの幼虫、配色と、ビリビリ電撃がくるところから、幼虫マニアの間ではピ○チュウと言われてます。

こちらはかなりの大型ですけど、仲間内では一番小柄。ホシヒメホウジャク幼虫。このポーズは、「S字状静止姿勢」といわれています。


ホウジャクって「蜂雀」と書きます。私は「ホウジャクさん」って「さん」づけで呼びたくなるんですよね。なんか落語家さんみたい。
ホウジャク、ホシホウジャク、どのホウジャクさんも「こんな羽でよく飛べるよなあ~」って思います。スズメガは大好きですが、その中でも特にホウジャクさんたちが好きです。

これは卵です。


多分オビカレハの卵。木の枝の先に、毛虫が集まって糸を張ってテントみたいになってる、あの毛虫たちです。このまま越冬して、来年の春にテント張るんだろうな。

最後は繭。クワの木にあったので、多分クワゴです。


持って帰るかどうか、かなり迷ったけど、このままおいとくことにしました。
自転車だったし、持って帰るときの衝撃で羽化できなかったらかわいそうだしね。

ひええ~、と思いながらも最後まで見てくださった方、ありがとうございました。
スポンサーサイト




| コメント:2 | トラックバック:0 |
<<秋の蟲たち | ホーム | 秋の便り>>

コメント

私は好きです!
たくさん見られて嬉しいくらいかも?!
ポチ!
蝶もトンボも綺麗でしたよ♪
2010-10-02 Sat 17:17 | URL | ねこやん [ 編集 ]
ねこやんさん、こんばんは。
お好きでしたか~。ポチありがとうございます。
イトトンボは細くてよーく見ないとわからないんですが、このイトトンボは薄暗くなってきた日陰でぼんやり光って見えました。ホントきれいでしたよ。
2010-10-02 Sat 23:02 | URL | ハッブル [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |