けっこう毛だらけ時々蟲

生き物大好きおばさんと猫3匹、時々蟲の蠢く日常

本を贈ろう

相変わらずぎうぎうしております~。
ただ、お仕事ばっかのぎうぎうではなくて、プライベートでけっこうがんばってて、それで時間取られてるんですよね。
なかなか皆さんのところにお邪魔できませんが、倒れてるわけではありませんのでご心配なく。
何をがんばってるかは、また詳しくお知らせできるかと…(^^)

なんかダイヤ改正の度に不便になって行ってるような気がするイナカなうちの近所…。
朝の出勤時間がまたちょっと早くなってバタバタ…。
でもそんなときでも、こんなのを見かけたらつい写真撮ってしまいます。
ねーちゃん、朝っぱらからねむそう~。


よく見ると、足が…。


なんか引っかかってるだけみたいに見えるんですけど、安眠できてるのかなあ~。シッポもなんか力入ってるし…。

昨日、ゆきこさんhttp://studiomao.blog81.fc2.com/blog-entry-1608.html
もブログに書いていらっしゃいましたが、被災地に本を贈ろう、というCMを車のラジオで聞きました。
ネットで調べたら、車で聞いたのとは違う本屋さんですが、仕事の帰りに寄れそうな所でも同じ呼びかけをしていました。
http://www.books-keirindo.co.jp/common/news/top/post-29.html
もと文学少女としては、子どもたちが読む本がないなんて、もおほっとけません。
家中探して、贈れそうな本をかき集めました。


ぴーちゃんは、本よりお日様♪
高校生のころに買った文庫本、自分にとっては大好きな本だけど、よく見ると…キタナイ…。
こんなんでもいいのかなあ。
ちょっと心配だけど、とりあえず持って行くことにしました。


児童書に入るのかなあ?って微妙なものはおいとこうかなあ。
車で職場まで持って行っておいて、電車で行ったときに帰りに寄って帰る、っていうのが一番楽そう(本ってめっちゃ重い…)。



贈れないなあ…と思ったのはこの2冊。
「100万回…」の方は、本当に大切な人を亡くした子供たちには読むのはつらいかも…、「絵をかくはと」の方は、子どものころから何回も読んできた、本当に大事な本、というのもあるし、家族を亡くした戦災孤児のお話なので、これも内容はつらいですよね。

支援の仕方って、本当にいろんなやり方があるんですね。
今日、職場の若い同僚が、友人たちと支援物資を積み込んで、ボランティアに出かけました。
直接行けない私たちからの、ほんのささやかな支援物資も、たくさんの人から集まって、トラックいっぱいになったそうです。
20時間、交代しながら運転しての道中、行った先でも大変だと思うけど、私たちの分まで気持ちを届けてきてね!
スポンサーサイト




日々のこと | コメント:8 | トラックバック:0 |
<<5月になりました。 | ホーム | 休日はのんびり>>

コメント

ハップルさんも本、用意されたんですね!
私も、、どこまでの年齢層??っとかかなり悩みました。
内容も確かに、、、考えちゃうものはありますよね。
ワタシは絵本は内容よりも絵や色がキレイ、とかで選んでました。

直接でかけられる方も、行動力があってうらやましい!
ところで、プライベートでがんばってる事って気になります!
報告、お待ちしてます~
2011-04-25 Mon 17:36 | URL | ゆきこ [ 編集 ]
プライベートで頑張ってるんだろう~?
ハッブルさん多才だからな~!!
何かな~と楽しみにしてます。(*^_^*)
これで、熟睡できるの?って格好で
ねーちゃん器用に寝てますねっ。
菜々も、落ちないかと思う格好で
キャットタワーで寝てたりしますが
意外と大丈夫なんですよ。
本は思いつかなかったです。
きっと喜んでくれますね。
支援の仕方も物も、まだ色々ありそうですよね。
2011-04-25 Mon 21:26 | URL | しろぱん [ 編集 ]
うん、うん、私も何を頑張ってるのか凄く気になります!
お知らせ、めっちゃ楽しみに待ってますよ~。(^^)

本を送る支援って、私も見ました。
でも・・・あまり子供向けってないんですよねぇ。
実は去年、実家のも自分んちのも一斉に片付けをして
古本屋さんに売ってしまったのよ。
残念。
でも他にも色々な形で支援が出来るだろうから
私なりに調べて出来ることをやってみますね♪
小さな力と一人一人の思いやりが大きなパワーになるんですもんね!
2011-04-26 Tue 14:18 | URL | mas*_a*u*cat [ 編集 ]
ゆきこさん、こんばんは。
今日、本屋さんに届けてきましたよ。
店長さんらしいおじさんが「ありがとうございます」ってすごくていねいにお礼を言ってくださいました。
本屋さんによると、児童書だけじゃなくても古くてもいいらしいです。
「これはちょっと…」っていう本は持って帰ろうと思ってたのですが、全部もらってくださって良かったです。
岩手県にボランティアに行ってる同僚から、たった今メールが来ました。
5日間のボランティアを終え、これからまた20時間のドライブをして帰ってくるそうです。
プライベートでがんばってること、あまり期待されるとちょっと…^^;)
2011-04-27 Wed 20:14 | URL | ハッブル [ 編集 ]
しろぱんさん、こんばんは。
がんばってますよ~。でもあんまり上達しないんですよね(涙)
なんか爪の先がひっかかってるだけみたいな感じの足なんですけど、普通に寝てるんですよね~。すぐに爪が外れそうなのに、これがまたはずれたりしないんですよね。
本の締め切り、30日なんですよ。早く気付いてよかったです^^)
こまめに情報を集めて、できることはすぐに行動に移せるようにしておきたいです。
2011-04-27 Wed 20:18 | URL | ハッブル [ 編集 ]
まさにゃんさん、こんばんは。
いや~、あんまり期待しないでください(^^;)今までとそんなにかわったことじゃないです~。
そうですよね~。大人ばかりの家庭だと、児童書ってあんまりないですよね。
私の場合は、自分が子どものころに読んでいた本も、手放すのがさみしくて今の家に持ってきてたんですよ。あと、趣味で買った絵本とかもけっこうあったんです。
それと、文庫本は子ども向きでなくてもいいみたいです。大人でも、本の好きな人はいますもんね。
本が好きで、今まで古本屋さんに持って行ったりできなかったんだけど、こういう形なら手放してもいいかな、って思い切れました。
小さなことでも、思い立ったらすぐに行動できるようにしておきたいですよね。
2011-04-27 Wed 20:28 | URL | ハッブル [ 編集 ]
それぞれ、できる形で、支援援助を継続していきたいですよね。
今だけじゃなくて、これからも・・・。
本重いですよね。
ちょっと多くなると、かなり重い。
毎日本に触れている私は、紙の重さを知っております。
それぞれ、できること、
キモチも一緒に届きますように・・・。
2011-04-28 Thu 04:44 | URL | しばシマイ [ 編集 ]
しばシマイさん、こんばんは。
ホントに、気持ちも一緒に届けられたらいいのですが…。
本重いですよね~。しばシマイさんは毎日お仕事で本を扱ってらっしゃいますけど、けっこうな重労働なのでしょうね。
今はみんなが東北の皆さんのために何かできないか一生懸命だと思うのですが、その気持ちをいつまでも持ち続けることは、ちょっと難しいかもしれない。
できる形で、息の長い支援をしていきたいですね。
2011-04-29 Fri 19:14 | URL | ハッブル [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |