けっこう毛だらけ時々蟲

生き物大好きおばさんと猫3匹、時々蟲の蠢く日常

ねーちゃん

ねーちゃんが、亡くなりました。

ねーちゃん2

今日は朝から警報が出て、ちょっとゆっくりと出勤。午後は休んで帰ってきました。

ねーちゃん1

待っててね、って言ったのに、待っててくれなかったねーちゃん。
弟が、猫は最後のタイミングは自分で決めてるみたいに思う。ねーちゃんは、最後の一瞬は、見せたくなかったんだろう、と説明してくれました。

日向ぼっこ

やせてガリガリですが、大好きな窓辺で日向ぼっこ。

のぼせた

暑くなったら陰に入って入って涼んでたり。

ヨタヨタですが、好きなところで寝て、夜は私の膝でご飯やウトウトに付き合ってくれていました。
昨日から、もう自分では動けなくなって、座椅子でずっと横になっていました。できる限り、膝に乗せて、一緒に過ごしていました。

今日は、朝から警報が出るぐらいの大雨だったけど、私が出かけるころには日が差してきました。

日向ぼっこできるように、いつもの窓辺に座椅子ごと、暑くなりすぎないように、すぐに日陰になりそうなところに運んでやりました。
出かけるときに声をかけて、なんかねーちゃん笑ってるみたい、って思ったのが、たぶんねーちゃんのサヨナラだったと思います。

点滴、投薬、強制給餌をやめて19日。
思っていたよりも長いお別れの時間をくれました。
覚悟はできていたけれど、やっぱり悲しくて、悲しくて悲しくて、さっきからずっと泣いています。

一緒に見守ってくださった皆様。
あまりマメにご報告もできず、ご心配ばかりおかけしていたことと思います。
最後の19日。本当におだやかな日々を過ごすことができました。
私にとっても、たぶん、ねーちゃんにとっても、これでよかったんだと思います。
ありがとうございました。心から、お礼申し上げます。
スポンサーサイト




ぴー&ねー&なー | コメント:8 |
<<ねーちゃんを送って~強制的転換 | ホーム | ある決断>>

コメント

ねーちゃんがハッブルさんに見せた笑ったような顔。
すごくかわいかったろうな。

ハッブルさんに愛されて、居心地のいい素敵なおうちで、ぴーちゃんなーちゃんとたくさん遊んで。幸せな猫さんでしたね、ねーちゃん。点滴、投薬、強制給餌を続けていたら、もしかしたらもっとねーちゃんは生きたのかも知れません。でも、それでもやっぱり、長年一緒に暮らしたハッブルさんがねーちゃんのために決めたことは正しかったと思います。ねーちゃんもそれを望んでいたと思います。だから、19日間はずっとハッブルさんにありがとうね、つらい選択だったろうけど、本当にありがとうねって言ってたと思います。きっとそう。
ね??ねーちゃん。おかげで大好きなハッブルさんのこと、最後まで大好きなままでいられたんだよね?

張り詰めた気持ちで毎日を過ごされてきたことと思います。どうかご自愛ください。遠く離れてはいますが、ハッブルさんとねーちゃんのことをおもっています。
2021-07-15 Thu 20:05 | URL | のりたいこ [ 編集 ]
ねーちゃん。おつかれさまでした。
ハッブルさんもお疲れ様でした。
どうぞゆっくり休まれてください。
2021-07-15 Thu 22:06 | URL | むにす [ 編集 ]
ねーちゃん、頑張りましたね。
正直、点滴と強制給餌をやめたら、一週間から10日くらいかな?と思っていました。
でも19日…ねーちゃんもハッブルさんも名残惜しくも充実した時間だったのではないでしょうか。
それでも、お別れは辛い…
私もまだ毎日泣いていて、ねーちゃんのことで、涙が倍になりました。

悲しさや寂しさが癒えることはないけど、もうしばらくしたら、16年間ありがとうの気持ちのほうが大きくなったらいいですね。

ねーちゃん、安らかに…きららも、その辺で待っているわ。
1月にemiさんおとめさんのところのバーバルくんも逝って、みんな同い年…同窓会開いているかな。

ご冥福をお祈りいたします
2021-07-16 Fri 00:56 | URL | きらちろママ [ 編集 ]
ね-ちゃん頑張ったもんね。
ほんと任務ご苦労様でした。
ゆっくり休んでくださいね。

ハッブルさんもほんとお疲れ様でした。
ね-ちゃん、ハッブルさんちのコでいいニャン生だったと思います。
ちゃんと食べてお体労ってくださいね。
2021-07-16 Fri 15:09 | URL | いとうとしこ [ 編集 ]
ねーちゃん 最後笑ってたんですね
ねーちゃん 本当にハッブルさんといられて
良かった 幸せだったですね

ご冥福を心からお祈りします
2021-07-16 Fri 18:14 | URL | みきたろう [ 編集 ]
ねーちゃん頑張りましたね。
苦しい点滴をやめて、穏やかな日を過ごせて
最後は笑ってくれたんでしょうね。
ねーちゃんの布団にまたがって寝てる姿が
可愛くて可愛くて癒されてましたよ~。
ハッブルさんお疲れ様でした。
2021-07-16 Fri 20:48 | URL | しろぱん [ 編集 ]
ねーちゃん、お疲れさまでした。
よくがんばった!ハッブルさんもねーちゃんも。
ごめんね、悲しすぎてかける言葉が見つからない。
泣ける時は思い切り泣いてくださいね。
しっかり者のハッブル家の長女はずっとそのままいてくれるよ。
色々しんどい時、ハッブルさんも体調に気をつけてね。
2021-07-16 Fri 21:48 | URL | usainu [ 編集 ]
みなさま、ねーちゃんへのお悔やみとあたたかいお言葉ありがとうございます。
のりたいこさん、ねーちゃんが本当にありがとうって思ってくれていたとしたら、最後まで私を嫌いにならずにいてくれたのなら、それだけでもう十分だと思います。ありがとうございます。
むにすさん、4月から3か月と半分、猫にしたらすごく長い期間かな。ねーちゃんも大変だったと思います。ねーちゃんは向こうで、私は今まで通りこちらのこの家で、ゆっくり休もうと思います。ありがとうございます。
きらちろママさん、ホントに19日間も長いお別れの時間をくれるとは思っていませんでした。
少しずつ覚悟を決めていけたとはいえ、やはりまだまだ泣いてしまいますね。
きららちゃんも、そしてバーバル君もみんな16歳なんですね。みんな辛い病気から解放されて、今頃は向こうで、仲良く…いや、それぞれ好きなことをしてるのかな。ありがとうございます。
としこさん、ねーちゃんの任務は16年と4カ月でした。今頃は向こうで、一緒に持たせた草を食べて、キッカー代わりの私のレッグウォーマーをケリケリしてるんだろうか…。
ねーちゃん、うちの子になって、幸せなんだったら嬉しいです。私は大丈夫です、夕べもしっかり飲みました。ありがとうございます。
みきたろうさん、本当に、なんだか笑ってるみたいな穏やかな顔でした。ウチに来て、幸せに過ごしてくれてたのなら嬉しいです。ありがとうございます。
しろぱんさん、大嫌いだった点滴をやめて、お互いにストレスがなくなって、穏やかな最後の日々を過ごすことができました。
またがり寝はねーちゃんの一番のチャームポイントかもです。これからも時々、画像載せていこうと思います。ありがとうございます。
usainuさん、もう食べることも、自分では水を飲むこともできなかったのに、それを嘆いたり悲しんだりすることなく、淡々と日々を過ごしていました。ねーちゃんエライ、って日々思いながら過ごしていました。
覚悟はできていたのに、やっぱり泣いてしまいます。お腹はすいてるのに食べたくない、けど食べないと倒れることもよくわかっているアラカンは、なんだかんだで自分をコントロールできているようです。ありがとうございます。
2021-07-18 Sun 16:40 | URL | ハッブル [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |